キャラ原案1


こんにちは、BENです。

前回は主人公キャラの成り立ちから、同人誌を作る経緯までを書いたので、今回はその続きです。

私の描いた主人公とメインキャラの原案が以下です。
現在、絵師さん(えのきのこさん)に描き直してもらっているので、実際に本になるときは、もっと上手で可愛らしくなります。ちゃんとしたキャラ紹介も、その時に・・・。

右から
部谷野 あかり(へやの あかり 女・20代前半) 電気工事代理人
天井 ゆか(てんじょう ゆか 女・20代後半) 建築工事代理人
設 計士(せち かずし 男・50代) 設計士
配管 接(はいかん つぐむ 男・40代)設備工事代理人

タイトルの「ただいま工事ちゅう」が示すように、
建設現場のドタバタを、この4人を通じて描いていきます。
(たまに現場とは関係ないネタも含みます。)

工事現場が舞台なので、作業着が基本となります。
非常に華がないです。
全員就労しているので、年齢層高いです。
女性率低いです。
萌やすには非常にハードルが高いです。

部谷野あかりの成立ちについては、前回書いたのでそちらで・・・。

【天井ゆか原案】

mokobinさんからの注文は、「建築工事代理人、ライバルキャラ、ツンデレ、武器はノコギリ(サンダー?)、CV花澤香菜」という、武器?と職業を除けば、定番キャラでした。
注文に必ずCVが付いているのは、mokobinさんが声優好きなので。
(というか好きな声優から順に言っているのでは・・・)
まぁ、CV指定があった方が、私も絵を思い浮かべやすくていいです。
(ちなみに私の思い浮かべる花澤香菜のライバルキャラは、かんなぎのざんげちゃんです・・・)

最初は頭に丸鋸でも付けようかと思ったのですが、主人公よりインパクトがありすぎてやめました。(その名残がくせ毛のポニテですw)
メイン2人に非現実的なルックスを据えてしまうと、
絵にたよったただのギャグ漫画になりそうな感じがしたので・・・。
(この時点では、萌え漫画を作りたいmokobinさんと、シニカルコメディを想像していた私の間には、ギャップがあったと思われます。)
結果、絵的には普通なキャラになりましたが、
性格やルックスなど、メインの部谷野あかりとは対極に置く事で、
話の展開上、”使い勝手のいい”キャラになりました。
(おでことくせ毛とかにも、性格上の意味があるのですが長くなるので省略)

最終的には絵師さん(”えのきのこ”さんが、この企画に巻き込まれた経緯は、そのうち私、もしくはえのきさんが書きます。)が描いてくれるので、私はネームまでしか描きませんが、描いていて一番楽しいのは、”ゆかりん”です。(いや、あかりちゃんがつまらない訳ではありません。念のため)

余談ですが、ここふた月くらいネームなるものを描くようになって、
短期間のうちに、それまでの人生で描いた絵の総量と同じくらい(は大袈裟かな)描いたので、私の絵が急激に変わってしまい、自分で描いたはずの原案絵と差が出来てきてしまったのですがw、おでことポニテ描いておけば、ゆかりんと認識できるので便利です。

ちなみに、武器がノコギリという設定は生きています。

次回は男二人について書くと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です